ホーム > クラインガルテンとは

クラインガルテンとは

クラインガルテンとは

クラインガルテンとは、ドイツで盛んな200年の歴史をもつ農地の賃借制度のことを言います。日本語に訳すると「小さな庭」ですが、「市民農園」もしくは「滞在型市民農園」とも言われています。一区画の平均面積は100坪程でラウベと呼ばれる家屋があり、そこで家庭菜園やガーデニングが行われています。別荘、セカンドハウス感覚で借りる人やグループで借りる人もいます。プチ田舎暮らし・スローライフをしてみたい人に最適です。一言でクラインガルテンと言ってもその雰囲気は様々なので、借りてみたい方は、一度現地視察をしてみることをお勧めします。
このサイトではクラインガルテン・滞在型市民農園をガイドします。

クラインガルテンの一般的な傾向

  • 年会費30~70万円。別途、光熱水費がかかる。
  • 冬季を除いて、1ヶ月に5日程度は滞在しなければならない。
  • 1年単位で最長5~10年借りることができる。
  • 家庭菜園、ガーデニング(約50平方メートル)では、有機栽培もしくは減農薬栽培が求められる。
  • 住民票を移すのは不可。
  • 年に数回の共益作業、農村との交流事業への参加が必須。
  • 小型耕運機は貸与してもらえることが多い。
  • グループでの利用、ペット同伴での利用許諾はまちまち。
  • 募集が行われるのは2~3月にかけて
Copyright © クラインガルテン情報局